公演情報


トップページ > 公演情報 > 福田こうへい 特別公演

福田こうへい 特別公演

福田こうへい 特別公演
公演期間 平成29年9月1日(金)~21日(木)
料金 (税込)
1階席 12,000円
2階席 6,000円
3階席 3,000円
特別席 14,000円

発売中

チケットのお申し込み・お問合せ

新歌舞伎座テレホン予約センター 06-7730-2222

新歌舞伎座テレホン予約センター
06-7730-2222

演歌界に新たな旋風を巻き起こした福田こうへい
人気絶頂、待望の座長公演 第2弾!!

懐かしい昭和の心温まるお芝居に民謡で鍛えぬいた歌声をたっぷりと!

第一部 母ちゃんの浜唄

原案=さわだすずこ 脚本・演出=堤泰之

昭和三十年代後半、岩手の中学を卒業したこうへい(福田こうへい)は母・はる(角替和枝)の元を離れ集団就職で上京、東京・下町の乾物屋に、住み込みで働くことになった。 こうへいは近所の食堂で働く和子(小林綾子)に恋心を抱いたり、乾物屋の主人・伊佐男(大竹修造)の厳しくも心優しい人柄に触れたり、同じ乾物屋に勤める先輩の剛(西山浩司)から最先端の流行を教えてもらったりと、若者らしい充実した生活を送っていた。 オリンピックを控えた東京は大きく変わろうとしていた。こうへいは、一足先に乾物屋を辞めた剛に、伸び盛りの建設会社に転職するよう誘われる。大きく心を動かされるこうへいだが、伊佐男やその妻・雅美(遠藤真理子)への恩義から、思いを切り出すことができなかった。 しかし、伊佐男と雅美はそんなこうへいの思いを察し、転職を認める。ふたりの温かい言葉に、こうへいは大粒の涙を流すのだった。 こうへいも次第に都会生活が板に付いてきた。そんな時に、はるが岩手から上京してくる。田舎者丸出しの母がたまらなく恥ずかしく感じたこうへいは、はるを怒鳴りつけ、岩手へと追い帰してしまうのだったが……。

第二部 福田こうへいコンサート2017

構成=福田こうへい 演出=宮下康仁

演歌界に現れた新星――福田こうへい。民謡で鍛えた力強い歌声、哀愁たっぷりの響きは聴く者の心を揺さぶり、涙があふれるほどの感動に包まれます。
一曲一曲、魂を込めて歌う姿と、岩手なまりが温かい人柄をうかがわせるユーモアあふれるトークにも思わず顔がほころびます。
故郷を歌ったデビュー曲『南部蝉しぐれ』や『峠越え』をはじめ、今回上演するお芝居のテーマ曲として作られた新曲『母ちゃんの浜唄』や民謡歌手だった父との思い出を綴った『父子鷹』など、オリジナルはもちろん、大阪にちなんだ曲や、昨年のNHK紅白歌合戦で歌った『東京五輪音頭』も披露。民謡コーナーでは、これぞ福田こうへいと言わしめる歌声で観客を魅了、歌の世界をたっぷりとお届けします。

出演者

共演:角替和枝、小林綾子、西山浩司、遠藤真理子、大竹修造 ほか

福田こうへい握手会開催!

握手会は、当劇場で対象商品をご購入いただくと ご参加いただけます。
※対象商品につきましては公演中、劇場で発表いたします。

開催日時:9月1日、3日、4日、8日、10日、11日、15日、17日、19日、21日昼の部終演後

公演日程

日付 曜日 昼の部 夜の部
9/1 11時 -
2 11時 4時
3 11時 -
4 11時 -
5 11時 4時
6 - -
7 11時 4時
8 11時 -
9 11時 4時
10 11時 -
11 11時 -
日付 曜日 昼の部 夜の部
9/12 11時 4時
13 - -
14 11時 4時
15 11時 -
16 11時 4時
17 11時 -
18 11時 4時
19 11時 -
20 11時 4時
21 11時 -

 

チラシ

客席表

1階席

客席表(花道あり)1F

2階席

客席表(花道あり)2F

3階席

客席表(花道あり)3F

公演一覧に戻る

公演一覧に戻る

このページの先頭へ


公演に関するお問い合わせはお気軽にお電話(06-7730-2222)で

演目・出演者・日程・料金等は変更する場合がございます。あらかじめご了承下さい。

当サイト内に掲載の内容・写真等、一切の無断転載、使用を禁じます。